アルバイトの戦力化

今いる人を活かす技術

最近、人材不足が深刻になっている店舗がニュースなどで話題になっています。正社員は店長一人で、残りはパートやアルバイトでどうにかまわっている、という店舗は世の中にたくさんあります。人材不足がひどい会社では、正社員の店長が一人が数店舗をかけもちしている、という話もよく聞きます。「人を補充してくれとかけあっても、なかなか会社が対応してくれない。いつの間にか人も辞めていってしまう。そして、また自分の仕事が増えていく…。」そんな悪循環苦しい日々を過ごしている人もいるのではないでしょうか。その苦しさを解決するのには何が必要でしょうか?おそらく人材が欲しいはずですよね。それもできたらすぐやめてしまう可能性のあるバイトやパートではなく、即戦力となる社員が欲しいはずです。同じ立場で働いてくれる仲間の存在は、間違いなく確実にあなたの力になるでしょう。しかし、本当に必要なのは、新しい人材ではなく「今いる人材を活かす」技術なのです。

アルバイトに仕事を任せる仕組み作り

様々な業務があって忙しすぎて人に仕事のノウハウを教えることもままならない状況かもしれません。そんな状況では、新しい人が来たところで、おそらくその環境は変わりません。そこで確実な解決方法となるのが、すでに今いる人材、つまりパートやアルバイトを戦力化することです。つまり、仕事を任せる技術をあなたが身につけることです。実際に、風俗業、飲食業、アパレル業、サービス業などはもちろんのこと、高級店の従業員でも、アルバイトが様々な業務を担当していることは珍しいことではありません。顧客の立場だと気づかないことが多いですが、中に入ると非常に重要な業務もアルバイトに任されていることが多いのです。これは大手や有名店だから、優秀なアルバイトを育てられているというわけではありません。共通するのは、アルバイトに仕事を任せようとする意思と仕組みなのです。若者の街である池袋では特に若い新人が多く来るためゼロからのスタートということも日常茶飯事です。池袋の風俗アルバイト求人情報をみてみる。

アルバイトに仕事を任せるための心構え

最近大きなニュースとなったので知っている人も多いかと思いますが、ある牛丼チェーン店では、アルバイト不足が原因で多くの店舗で営業ができない状況となって話題になりました。このアルバイト不足の原因は、アルバイトの労働条件だと言われています。特に深夜のワンオペと呼ばれる一人運営はネット上では激しく批判されています。しかし、そのチェーン店全国2000店舗のうち、閉店店舗は184店舗であるという事実を見ると、しっかりと営業をやっている店舗もあるということが分かります。おそらく、同じチェーン店の中でも、アルバイトも社員も楽しく働いている店舗が存在していると思われます。この違いが、店長のマネジメント能力の差であるということなのです。

アルバイトに仕事を任せる仕組み作り

一番必要なのは、店長のアルバイトに仕事を任せる技術です。それは決して難しいマネジメント技術ではなく、仕事の頼み方・伝え方・心遣いなど、相手の立場に立った気遣いをベースにしたちょっとしたコミュニケーションのコツなのです。しかし、この気遣いが大きな違いとなって、あなたの仕事環境が変わります。そして、あなたにしかできなかった業務を、少しずつアルバイトやパートに任せていくのです。アルバイトに重要な仕事を任せることに不安を感じる人もいるでしょう。当然ですよね。でも、しっかりしたアルバイトやパートに仕事を任せるのと、右も左もわからない新入社員に仕事を任せることを想像すると、どちらに仕事を任せたくなるでしょうか?要は肩書きや立場でなく、誰に仕事を任せたいかが重要なのです。周りに任せられる人がいないのであれば、育てなくてはいけません。最小限の投資で彼らを効率的に成長させることが、アルバイト・マネジメントになるのです。