アルバイトにとっての仕事って何?

あなたにとって仕事とは

あなたにとって仕事とは何でしょう?ありきたりな質問ですが、人それぞれの答えがあると思います。答えはきっと人によって様々ですが、そこには大きな共通点があります。仕事とはつまり、お金を稼ぐことだということです。ちょっと味気ない気もしますが…お金を稼ぐことが大前提なのです。お金が発生しない労働は、ボランティアや社会貢献です。ただ、お金を稼ぐためだけに仕事をしている場合、もし仕事をしなくても生活できるだけのお金を手にした人は、仕事を辞めるのでしょうか?今の会社で我慢して勤めているという人は、その会社を辞めることはあるでしょう。それでも多くの方が、結局は仕事をすること自体は辞めないという選択をするのではないでしょうか。ここに、人それぞれの仕事への意味があるのです。

学生アルバイトに仕事の楽しさや意味を教える

ほとんどの学生アルバイトにとって、アルバイトは単にお金を稼ぐ手段であり、それ以上でもそれ以下でもありません。しかし、アルバイトで働くきっかけは稼ぐ手段だったものの、仕事を通じて多くのことを学び、やりがいを見つけることもよくあります。「アルバイトは仕事への考えが甘い」と感じる人は、そもそも過度の期待をしすぎなのです。はじめは、仕事への真剣さなどなくて当たり前なのです。そんな状態から、あなたが仕事を教えていくことで、彼らは変わっていくのです。「単なる仕事」が「使命」に変わっていくには順番があるのです。ぜひ、あなたなりの仕事の楽しさや意味を教えてあげてください。いつか、あなたから学んだことが社会人になって役に立ちましたと言ってくれたら、こんなに嬉しいことはないでしょう。

アルバイトから見た理想の社員

あなたの職場で働くアルバイトは、なぜあなたの会社でアルバイトをしているのか知ってですか?近年、会社の目的や目標をアルバイトにも共有しようとする会社が増えてきています。しかしながら逆に、会社が彼らの個人的な目的や目標を共有していることは圧倒的に少ないのです。もちろん、組織が大きいとアルバイト一人ひとりの目標などを把握するのは難しいのは理解できます。しかし、直接の関わりのある社員が、彼らの働く目的や目標を知らないのは少しさみしいですよね。ここで重要なのは、彼らにとって会社というのは、直接アルバイトやパートと接する社員であるあなたということです。自分が学生の頃、アルバイトをしていたときのことを思い出してみてください。会社のためというよりも、この店長が好きだから…とか、この社員に頼まれたら断れない…等、その人のために仕事をしていたことはないでしょうか。

優秀なバイトリーダーを見極めよう

何度も言うように、仕事を任せるためには任せられる人を育てることが重要です。しかし、人の成長速度がまったく違うのも事実です。より効率的に育てるためには、そもそも優秀な人材かどうかを見極めることが大切です。そこで今いる人材から優秀な人を見極める方法をお教えします。まずは「素直さ」と「責任感」。これさえ持っていれば、アルバイトスタッフとして十分です。また、この2つの素質が高い人ほど、成長は早いと思います。まずは仕事ができるかどうかの能力を見るよりも、その人の内面性を見極めることが大切なのです。今回は、さらにその素質を持った人の中から、リーダーとして成長が早い人を見つける必要があります。それにはまずは「コミュニケーション能力」と「段取りカ」、この2つの能力が欲しいところです。この2つはプレーヤーとしても、マネージャーとしても共通して必要な能力です。