アルバイトリーダーの素質を見極める

素直さを見極める

素直さを見極めるのは、正直に言うと非常に難しいです。こればかりは少し話しただけでは分からないことが多いので、しばらく付き合うことが必要だとは思います。とは言え、目安にできることもあります。それは、「その人と親との関係」です。8歳までの人間形成は、親の影響が大きいことは間違いありません。ですので、どんな親子関係だったかを聞くことである程度の予測はできると思います。過去の思い出などを聞き、そこから相手の親の職業や家庭の話が出てくるようにすると良いでしょう。改まって聞く必要はなく、普段の会話の中で「親とは仲が良いのか?」「反抗期があったか?」など、それとなく聞いてみると良いと思います。やはり、現在の人となりや強みを見極めるには、どんな過去、人生を歩んできたかを探る必要があるように感じます。

責任感を見極める1

責任感を見極めるためには、必ずこの2つの質問をアルバイトスタッフにしてください。それは「今までの人生で一番失敗したことは何ですか?」という質問です。仕事に限らず、部活やサークル活動の中での失敗でも大丈夫です。自分のその失敗が誰かに迷惑がかかったかどうかを確かめましょう。具体的な聞き方として、その質問をする前に今までの一番の成功体験を聞くとスムーズかと思います。これは失敗体験を聞くための前段階のような役割ですが、もちろんここから見えてくるものもあります。その成功から学んだことは何か?そして、その時まわりに感謝ができていたか?そこをしっかり分かっている人のほうが、素質があると言って間違いないでしょう。ただ、この質問は次の質問をスムーズに進めるためのステップです。

責任感を見極める2

成功体験よりも失敗体験のほうが人を成長させるのは間違いありません。誰しも失敗を繰り返すものですが、その度に何を学んでその経験をどう活かすかで人は成長するのです。たとえアルバイトをするのが初めてという若者でも、人生において一度も失敗がないことなどは考えにくいです。それなのに、一番残念なのは、ここで「失敗したことはありません」と胸を張って言ってしまう人です。これは失敗に気づいていない場合か、自分の失敗を他人のせいにしている可能性が高いです。反対に、その失敗を周りのせいにせず、自分の責任として認識している人・その失敗をどうやって解決し、そしてその後どのように活かしたかを語れる人です。これを自ら語ることができれば、リーダーとしての素質があると言って良いでしょう。

段取り力を見る

「段取り力」というのは、どんな仕事においても非常に重要な能力です。「段取り八分」という言葉がありますが、これは段取りをしっかりしていれば、その仕事は8割完了したも同然であるという意味です。この段取り力に必要なものは、先を読み、イメージした目標を逆算して必要なシナリオを描いていく力です。具体的に言うと、・その仕事に必要な物と人のリストアップ・業務内容のリストアップ・それらを遂行するためのスケジューリング…などです。これらを見てわかるように、段取りというのはすべてリストアップするとやりやすい作業なのです。書き出し作業といっても差し支えないでしょう。ということは、書き出さずとも頭の中でしっかり段取りを描ける人は非常に優秀といえるのです。